病院紹介 TOSHIBA GENERAL HOSPITAL

病院沿革

東芝病院は、当初東芝の従業員や家族の保健・医療を目的として設立されましたが、現在では地域の皆さんや病院・診療所の先生方のご期待にも応え病院・診療所と連携した地域医療にも貢献しています。

  • 昭和20年1月15日 東芝大井病院開院
    南品川のゼームズ坂病院を改修して開院。戦後の混乱期における従業員医療と地域医療に貢献した。(診療科:内科・外科 病床数:40床)
  • 昭和39年10月1日  東芝中央病院開院
    当社創立85周年事業の一環として南品川から東大井に場所を変え設立。設立に際しては、地元品川区医師会との話し合いにより、職域病院に徹する運営主体とした。
  • 昭和45年5月25日 総合健診センター設置
    日本で初めて自動化健診を行う。
  • 昭和45年6月 整形外科・泌尿器科・皮膚科・神経科新設
  • 昭和47年11月 2号館増築
    病床数211床になる。
  • 昭和60年10月 3号館増築
    病床数311床になる。
  • 昭和61年1月 脳神経外科・画像センター新設
  • 昭和62年1月 心臓疾患集中治療室設置
  • 昭和62年4月 麻酔科新設
  • 平成元年3月 スポーツ整形外科新設
  • 平成元年4月 内科を専門分化する。
    (総合、消化器、循環器、血液、呼吸器、神経)
  • 平成5年1月1日 新1号館完成 東芝病院に改称
    新病院は、当社の最新の医療機器・総合医療情報システムを導入、院内機能の効率化を図り近代病院として生まれ変わった。(病床数:310床)
  • 平成6年4月 リハビリテーション科新設
  • 平成6年4月 臨床研究室新設
    肝炎ウイルスの研究を主に臨床と研究の相互交流を行う。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。