病院紹介 TOSHIBA GENERAL HOSPITAL

理念

生への畏敬と愛情をもって
  • 安全で、質の高い医療を提供します。
  • 全ての患者さんに平等に、真心をもって臨みます。
  • 生命倫理を大切にし、患者さんの人権を尊重します。
看護部理念

私たちは東芝病院の理念に則り、心が伝わる看護を提供します。

基本方針
  1. 急性期病院として機能します。
  2. 東芝グループの職域病院としての任務を遂行します。
  3. 他の医療機関と連携し、地域社会に貢献します。
  4. 最新の知識・技術・機器を導入し、質の高い医療を実践します。
  5. 良質な医療を担う人材を育成します。
  6. 健診センターは診療各科と連携し、受診者の健康管理を支援します。
患者さんの権利と責任
  1. 適切な医療を平等に受けることができます。
  2. 診療に関する内容や情報を知ることができます。
  3. 治療方針を自ら選択することができます。
  4. プライバシーが守られます。
  5. 自らの疾病に関する情報を正確に提供することが求められます。
  6. 自らの疾病を理解し、治療に協力することが求められます。
  7. 病院環境や他の患者さんの療養を損なわないことが求められます。
輸血に関する基本方針

私たちは輸血を行わずに治療が出来るように最大限の努力をしております。しかしその中で、手術をはじめとした診療中に「生命の危機」が生じることがあります。その際輸血により生命の危機が回避できる可能性があると医師が判断した場合には、輸血を実施する立場をとっています(いわゆる「相対的無輸血」)。輸血を行う場合、輸血に同意して頂くように十分説明をいたしますが、輸血の同意書が得られなくても輸血を行います。
患者さんの中には宗教上の理由などから輸血を拒否される方がいらっしゃいますが、上記の方針は患者さんの年令や意識の有無に関わらず変わりはありません。
当院ではこの「相対的無輸血」の立場で診療を行ってまいりますので、ご理解の上ご協力のほどお願い申し上げます。

セカンドオピニオンに関する基本方針

セカンドオピニオンとは、診断内容や治療方針について、患者さん自らが主治医以外の医師に意見を求めることをいいます。これによって患者さんは自分の受けている診断や治療が適切であるかどうかを判断し、自らにより適した方法を選択することができようになります。
東芝病院での診療にあたっては、十分な説明と同意に加え、セカンドオピニオンを受ける機会があることをお伝えし、必要に応じてそれをお勧めし、患者さんからの要望があった場合には当院での診療上のデータを積極的に提供することを基本方針といたします。
また、院外の患者さんからの要望に対して、当院医師によるセカンドオピニオンの提供も行っています。

  1. 当院に受診中の方で、他院・他の医師の意見を聞きたい場合
    現在の当院の担当医ないし該当科の外来受付へ直接お申し出下さい。なお、画像資料などのコピーに対しては、数日の時間と料金が発生することをご了解下さい。また、病状によってはご希望に添えないことがありますが、その場合は、その旨担当医よりご説明いたします。
  2. 他院の患者さんで、当院医師の意見を聞きたい場合
    当院では、各専門診療科によるセカンドオピニオン外来を開設しています。詳細はこちらをご覧下さい。⇒ セカンドオピニオン外来のご案内

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。