診療科・部門紹介 TOSHIBA GENERAL HOSPITAL

代謝内分泌内科

  • 神田 周平
    部長代行神田 周平

基本情報

糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、肥満症など食事、生活習慣と密接に関わる代謝疾患と、甲状腺、下垂体、副腎などの機能が異常になる内分泌疾患の診断と治療を行う科です。生活習慣病は、日常生活がそのまま治療の場であり、患者さん自身が主治医です。日常生活のあらゆる場面で患者さんをサポートすることが治療効果を高める上で重要で、そのために医師だけでなく看護師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師、臨床検査技師がチームを組み、それぞれの立場で患者さんに接し指導を行うことが必要です。当院の特徴は、この糖尿病チームの結びつきが強く、チーム内での意思疎通がスムーズに行えていることです。また、当院には看護師、管理栄養士だけでなく薬剤師、臨床検査技師も糖尿病療養指導士の資格を持っていて、質の高い指導が行えていると自負しています。

当科の取り組みと治療成績など

当科の診療内容は、食事療法のみの方が比較的多く、薬物治療を行っている方の割合は低いようです。これは、生活習慣の改善を重視している現れと考えられます。毎週金曜に糖尿病教室を開き、患者さんの病気に関する理解を深め治療効果が高まるよう努めています。また、糖尿病患者会(東芝さくら会)の活動の一環として、講演会、食事会、歩く会を定期的に開催しています。食事指導、生活指導は外来で充分、行うことができますし、インスリン注射も器具の進歩で外来導入が当たり前になっていますので、入院が必要となることは少なくなっています。しかし教育、合併症の把握、治療のために入院が必要となった場合には、3日間、1週間、10日~2週間のクリニカルパスを使用し患者さんの都合に合わせた入院が可能です。糖尿病の合併症の一つに足病変があります。足趾、足底の軽度の変化が足の切断に繋がることもあります。当科では足のケアーのための特別の外来を設けています。当科へ通院中の患者数は2000人以上で、当科だけで充分な治療を行うことが難しくなっています。このため積極的に地域の先生方と連携し、かかりつけ医と東芝病院が協力して一人の患者さんの診療を行う体制を作っています。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。