診療科・部門紹介 TOSHIBA GENERAL HOSPITAL

耳鼻咽喉科

  • 井石 秀明
    部長井石 秀明

耳鼻咽喉科はみみ、はな、のど、くびなど様々な領域を診療します。入院加療や手術治療が必要と考えられる疾患、より高度な専門的な処置が望まれる疾患から、外来通院しながら内服治療などを行って症状の軽減、QOLの上昇を目指す疾患まで多岐にわたります。したがってアレルギー性鼻炎などの日常の診療をお願いする近隣の耳鼻咽喉科クリニックの先生方と密に協力しながら、丁寧な診療を行うことを心がけております。急性期病院として、患者さんごとに必要と考えられる検査を行ったうえで、疾患についてていねいな説明を行うこと、痛みの少ない治療を行うことを心がけています。当院では特に以下の疾患などに力を入れております。

それ以外にも、声がれの原因となる声帯ポリープの切除術など、様々な疾患に取組んでいます。ぜひ一度ご相談ください。

基本情報

突発性難聴

急に耳がきこえなくなってしまう突発性難聴は年齢にかかわらずおこり、非常に難治性の疾患です。ステロイド薬、循環改善剤の投与に加えて、当院では都内に数台しかない大型の高気圧酸素装置を用いた入院治療にあたり、良好な治療成績をあげております。

加齢性難聴

加齢性の変化により生じる難聴の程度はひとそれぞれです。また高齢者といってもそれぞれ日常の生活様式が異なります。当院ではレントゲン、純音聴力検査、語音聴力検査の検査結果を総合的に評価し、その方の生活様式を踏まえて、補聴器装用の有用性について相談してまいります。

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)は重症の場合は痛み・出血の少ない内視鏡手術を中心に行っています。花粉症などのアレルギー性鼻炎に対してはお忙しい患者さんのために日帰り手術の鼻粘膜焼灼術も行っています。

睡眠時無呼吸

最近お困りの方が増えています。当院では内科と連携して原因究明にあたり、生活指導・器械や器具の使用・手術など原因に合わせた多角的治療にあたっています。 扁桃腫大が著しい場合は口蓋扁桃摘出を、鼻閉の原因となる鼻中隔弯曲症に対しては鼻中隔矯正術を、と患者さんの状態に合わせて治療を行います。

顔面神経麻痺

突発性難聴と同じく早期の治療が望まれ、ステロイド投与と抗ウイルス薬投与を行います。また当院ではリハビリテーション科と連携してリハビリを併用した治療も行っています。

慢性扁桃炎

発熱や咽頭痛、嚥下痛を繰り返す習慣性扁桃炎や病巣扁桃に対して、口蓋扁桃摘出術を施行します。

慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎
鼓膜穿孔がある場合、真珠腫がある場合、耳漏が止まらない場合など、手術加療が必要な中耳疾患に対して鼓室形成術などを施行いたします。
甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍

のど仏の下にある甲状腺に発生する腫瘍です。良性か悪性かの鑑別を超音波検査や穿刺吸引細胞診で行い、治療方針の決定を行います。良性腫瘍と診断される場合も、4cmを超える場合は摘出後悪性と診断されることがあることから摘出をお勧めしています。手術の場合、入院は8~10日間です。また、つばを作る唾液腺に生じる腫瘍は、多くは耳の下にある耳下腺、顎の下にある顎下腺に生じます。良性とされる腫瘍の中にも多形腺腫というタイプは後に5~10%が悪性化するといわれており、顎下腺腫瘍や耳下腺多形腺腫は摘出をお勧めしています。

当科の取り組みと治療成績など

2014年の手術統計(主なもの)
2014年の手術統計(主なもの)
  内容 件数
耳疾患 鼓膜形成・鼓膜チューブ留置・耳瘻孔摘出・外耳道骨種切除など 10
鼻副鼻腔疾患 内視鏡下鼻副鼻腔手術 27
鼻中隔矯正術 5
鼻粘膜焼灼術・鼻茸切除術 14
咽喉頭疾患 扁桃摘出術・アデノイド切除 16
喉頭微細手術 13
頭頚部疾患 甲状腺腫・耳下腺腫瘍切除・頚部腫瘍摘出手術など 3
その他・生検など 2
気管切開術 2
過去5年間の突発性難聴に対する高気圧酸素入院治療成績(薬物併用)
過去5年間の突発性難聴に対する高気圧酸素入院治療成績(薬物併用)
治癒 著名改善 回復 不変
41% 23% 21% 15%
  • 発症後2週間以内に治療を開始した場合、有効率85%という高い成績をあげています。

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。