人間ドック TOSHIBA GENERAL HOSPITAL

人間ドックの流れ

~検査はこのように行われる~

東芝総合健診センター

JR大井町駅から約7分程度で東芝病院が見えてくる。病院の手前の3号館が東芝総合健診センター。

1.受付

受付

8時少し前頃より受付手続き開始。連絡票を渡し、受診料を払う。番号付きの小さなポーチを受け取り、2階へ。

2.問診

問診

2階カウンターで看護師の問診を受ける。ここで検便を提出、検査の流れや注意事項の説明がある。終ると更衣室へ。各自ロッカーが割当てられ、検査衣に着替える。

3.採尿・身長・体重

採尿・身長・体重

着替えを済ませるとまずは採尿。採尿室を出ると身体測定。台の上に乗るだけで一瞬にして身長と体重が出る。

4.採血

採血

採血コーナーに座ると「チクッとしますよ~」と看護師に血液を採られる。試験管は4~6本(オプション検査の有無で本数がちがってくる)。

ここから先の検査の順番は、受診番号とオプション検査の有無によって変わることがあります。

5.視力・血圧

視力

視力検査器は両目でのぞいてCの字の空きの方向にレバーを倒すだけ。

血圧

すぐ隣の血圧のコーナーはおなじみの腕を差し込むだけの器械。各データはコンピュータにすぐ入力されていく。

6.心電図検査

心電図検査

ベッドにあおむけになり、両手足と左胸にペタペタ電極を貼られ、測定開始。緊張すると心電図が乱れるのでリラックス、リラックス。

7.超音波検査

超音波検査

この部屋はモニターを見るため照明が暗い。ゼリー(保温されてあたたかい)を塗られ、超音波を発する丸い器具(プローブ)を押し当てて、肝臓・胆のう・腎臓などをあお向け~横向き~あお向け~横向きと体位をかえて検査する。

8.胸部X線検査

胸部X線検査

1階に下りてX線検査室へ。最近のX線検査は、放射線量がひと昔前に比べると少量ですむようになったが、妊娠中の女性や最近X線検査を受けた人は、必ず検査前に申し出ることになっている。正面と横から2枚撮影。

9.胃部X線検査

胃部X線検査

苦手な人も多いバリウムの登場。まず発泡剤と水を渡され、「ゲップをがまんしてくださいネ」。次にバリウム、白い液体はフルーツヨーグルト風といえなくもない、まずまずの味・・・。手すりにつかまり、裏になったり左右向いたり何度もひっくり返されたあと、今度は大カップのバリウムを「全部飲んでください」。また何度かひっくり返され、最後にグィーンとパンチのようなものが腹部に押し当てられる。

10.肺機能検査

肺機能検査

ここは唯一にぎやかな検査室。検査技師が2人、元気な声を張りあげている。「はい、ガンバって~」の掛け声に合わせて懸命に吸ったり吐いたり。小学校の肺活量測定と同じようなものだが、鼻クリップを着用。

11.聴力検査

聴力検査

うって変わって静寂の小部屋へ。電話ボックスくらいの密閉された個室でヘッドホンをつける。ピィピィ、ブゥブゥなどの電子音が聞こえてきて、音を感じている間はボタンを押す。

12.眼圧・眼底検査

眼圧検査

照明を落とした部屋に2種類の器械が並んでいる。まず眼圧検査。接眼部に顔を当てると、プシューと一瞬空気が吹き込まれた感じで、はい終わり。

眼底検査

隣の眼底検査は、いってみれば顕微鏡にカメラがついたような器械で、パシャッと眼底写真を撮る。オレンジ色の光の輪が残像として残り、しばしトリップ。

13.検査終了

11時前にはすべての検査が終了。着替えをしてバリウムを排泄させるための下剤を飲む。

14.食事

食事

3階の食事室へ向い昼食を頂く。食後は面接(12時~)までフリー。飲み物無料の休憩ラウンジでくつろぐも良し。

15.医師面接

医師面接

検査終了後、希望者は成績表をもとに医師面接を受ける。受診後2時間で結果がわかるのも自動化のおかげ。番号順に呼ばれて面接室へ。医師は成績表の各項目をチェックしながら判定結果を説明してくれる。

16.健康相談

健康相談

面接室を出て隣の健康相談ブースへ。ここで成績表をもとに、看護師から日常生活や食事などへのアドバイスを受ける。

これにて人間ドック終了!

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。